"

今の加入条件でまずは各社を比較してみる

軽自動車 任意保険

あなたの軽自動車、
今の任意保険に納得していますか?


任意保険は今20社超もの保険会社がそれぞれの特色で競争。

同条件でも年間で1~2万円の保険料の差は珍しくありません。
見積もり比較でほぼ半額近い保険料にできる場合もあります。


「自分の条件で各社を比較」
納得できる任意保険のためにはこれしか方法がありません。


時間が無くても、詳しい知識が無くても大丈夫!

最大20社、最大17社の一括見積もり(無料)なら、
5分~15分の入力で一挙に各社比較ができてしまいます。

(手もとに免許証・車検証・保険証券を準備 新規加入なら免許証と型式のわかるもの)

利用後の電話勧誘などの心配も全くありません。


同じ条件で各社の見積額を今の保険料と比較してみる
まずこれが任意保険節約の第一歩です。

※条件によっては一部見積もりに応じられない保険会社も出てきますが、それ自体が候補の絞込みになります。

一括見積りの人気

無料で利用でき、簡単・便利な一括見積もり。
保険自由化で任意保険が各社の競争になり、保険選びに利用する人がどんどん増えています。

人気はやはり最大20社、最大17社など提携社数の多いサービス。
利用者の多い一括見積もりサービスを当サイトの人気順に紹介します。

節約はするがポイントははずせない

軽自動車の任意保険、節約も大事ですがこだわりも大切にしたいもの。
保険料の安さがトップレベルの各社を、保険選びのこだわり別に紹介します。


ポイント 価格最優先で選ぶ ⇒ SBI損保

週刊ダイヤモンドの「自動車保険料ランキング」で3年連続第1位の評価。

年間走行距離によるリスク区分がないのにこの保険料の安さは大変魅力です。

定評のあるコストパフォーマンスの高さは軽の任意保険の節約の心強い味方になります。


ポイント ロードサービスで選ぶ ⇒ チューリッヒ

日本で初めて事故時のホテル代・タクシー代の補償などを実現したチューリッヒ。

レッカーサービス100Kmまで無料などそのサービス内容はまさに業界最高レベルです。

ロードサービスだけでもチューリッヒにした満足が得られるかも知れません。


ポイント 事故対応(初期対応)で選ぶ ⇒ SBI損保
(※初期対応…事故直後の相手方へ連絡、病院へ連絡、代車手配など)

国の厳格な認可の任意保険、事故対応に大差はないですが初期対応は各社様々。

SBI損保はその受付時間が平日、休日とも9:00~21:00と平均を大きく上回るレベルです。

保険料の安さから見た事故対応のコストパフォーマンスはやはりトップレベルでしょう。


ポイント 総合バランスで選ぶ ⇒ アクサダイレクト

価格(保険料)の安さ、事故対応、ロードサービスのいずれも水準が高く、全体的なバランスと総合力で選ぶならアクサダイレクトがおススメです。

オーソドックスなリスク区分、コストパフォーマンスの高さなどで通販・リスク細分型のスタンダード的な存在です。

保険料の違いはこうなっている

各社の軽自動車の任意保険料の違いを目にしたことがありますか?
論より証拠、同じ加入条件による現実の見積もり結果の例をご紹介します。

一括見積もりで実際に各社を比較すると思った以上に違いが大きく驚かされます。


◇軽自動車の任意保険料 比較例◇

○○○損保  31,620円    □□□ダイレクト  18,910円

△△△海上  28,930円    ×××損保     16,670円


【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満,対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし<※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。>

軽自動車 任意保険

同じ加入条件、つまり同じ補償内容で最大約1万5千円、率にすれば2倍に近い差が出ています。

維持費の中でも比重の大きい任意保険でこれだけの差があると、軽自動車の経済性が任意保険で台無しになるかも知れません。

軽自動車こそ各社の任意保険料の比較が必要です。


一括見積もりは簡単な入力で軽自動車任意保険の各社の違いを知ることができます。

利用は無料ですが電話勧誘や対面勧誘を受ける心配もありません。
既に何百万人もの利用実績のあることが安心と信頼の証になっています。


一括見積もり利用者の体験談・口コミ

軽自動車 任意保険

インターネットで初めて通販を申し込むときや見積もりを依頼するときは、何かと不安や疑問が多いものです。

そんな時、不安・疑問を解消してくれ、背中を押してくれるのが実際の利用者の体験談や口コミです。


サイトやサービス運営者の都合のいい内容だけの体験談はちょっと眉唾ですが、良くなかった点や否定的な口コミも客観的に紹介しているサイトは信頼性が高いといえるでしょう。

まずは一括見積もりの現実の利用者の声をご覧ください。



<一括見積もり利用者の声>

■インズウェブ~一つ一つにコメント付

口コミ情報がとても丁寧。利用者の声一つ一つに的確なコメントが付いていて適切にガイドしてくれます。

■保険スクエアbang!~は簡潔でバックナンバー豊富

保険スクエアbang!の「利用者の口コミ」は簡潔でとてもわかりやすく、バックナンバーも豊富です。(2007年分から掲載)

■カービュー~FAQがとても的確・親切

カービューは、FAQがとても的確・親切で、ここを見ればほぼ不安・疑問は解決するでしょう。特に不安がない場合でも眼を通しておいたほうがよいFAQです。


◆軽自動車の保険料は安いけれども各社の差が大きい

「任意保険料が軽自動車の維持費で最も高い」そのように思ったことはありませんか?

各社の価格の違いを知らずに高い任意保険料を払っているとしたら、軽自動車のメリットを半減させているのかもしれません。


確かに同じ保険会社では普通乗用車より軽の方が安いのが普通ですが、どの保険会社も同じような価格になっている訳ではありません。

中でも通販型と代理店型の任意保険料の差はとても大きく、軽自動車でも同じ車種・補償内容で任意保険料が数万円違うことも珍しくありません。


年間保険料が30,000円程度になり「普通乗用車より安い」と安心してはいけません。

保険会社を切り替えれば16,000円程度になるというような例も現実にあるのです。


軽自動車の任意保険が気になるなら、また、維持費をもっと安くしたいと思っているなら、ぜひ一度、一括見積もりで各社の比較をして見ることをおすすめします。


◆自動車保険の相場の各社比較は一括見積もりでOK!

自動車保険市場の自由化により、かつてのような各社ほとんど似たような横並びの自動車保険は少なくなり、相場といっても簡単にはわからなくなりました。

ダイレクト販売の通販型が登場し、欧米などではポピュラーになっているリスク細分も導入され、今では簡単に全貌を知ることができないほど数多くの保険が販売され、競争しています。

中でも、外資系を中心にダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を省略した"安さ")を売りにしてシェアを伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各保険会社は熾烈な競争を行なっています。

私たち消費者にとっては様々な選択肢が増え、うれしいことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると、相場が各社によって様々であり、どれが自分に適しているのか簡単には判断できないようになりました。

自動車保険の一括見積もり無料サービスは、このような自動車保険選びの心強いサポートをしてくれ、今では各社の相場を知り賢い自動車保険選びを行なうために欠かせないサービスになりました。


◆一度の入力で複数社の相場が比較できる

自動車保険の相場を知るには各社を比較することが欠かせませんが、数多くの保険会社の多様な特色を持つ保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

一括見積もりなら各社の相場比較が簡単・安心に行なうことができます。

ネットの自動車保険一括見積は、
・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利
というメリットがあり、自動車保険の相場を知りたい、自動車保険を安くしたいという時に大変便利で強力な助っ人になる無料サービスです。

各保険会社の見積り資料によって行なう保険料の比較ほど安心で確実なものはありません。

愛車の保険更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

同じ条件なのに、各社による保険料の相場の違いに驚くと思います。

同一加入条件なのになぜこんなに相場が違うのかという驚きや疑問が自分にとっての保険見直しのポイントを教えてくれるかも知れません。


このページの先頭へ